30代の基礎化粧品の選び方|おすすめランキング

目次
1、30代の乾燥肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?
2、30代の敏感肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?
3、30代の脂性肌(オイリー肌)の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?
4、30代の混合肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

30代の乾燥肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

「お肌の曲がり角」などと言いますが、私たち人間のお肌は20代をピークにその成分は徐々に減少していきます。

 

そして、それが顕著に肌質に現れ始めるのが30代です。

 

30代になるとこれまで感じることの無かった乾燥を感じ始める人は多く、20代の頃から乾燥肌気味だった人はより一層乾燥が進んでしまいます。

 

それは年齢が上がると共に肌内の水分を保つセラミドが減少してしまうのが原因です。

 

そのため、30代になったら肌細胞内に水分を蓄えられるような成分が入った基礎化粧品を選ぶことが大切で、具体的な成分としてはセラミドとヒアルロン酸がオススメです。

 

セラミドは角質と細胞の間に水分をキープする働きがあり、ヒアルロン酸は細胞内に水分を蓄える働きがあるため乾燥肌の強いミカタとなります。

 

30代の敏感肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

ニキビは若い人のものと考える人は多いですが、30代になると肌の水分量が減るため肌本来のバリア機能が低下し、肌荒れを起こしやすくなります。

 

30代を過ぎて敏感肌になってしまったという人も少なくないのですが、その原因の一つは乾燥です。

 

肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、まずは保湿性の高いセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸が使用されている基礎化粧品を選ぶことが好ましいです。

 

なおかつ敏感肌の人はアルコールや香料などの成分に反応を起こす場合もあります。

 

そのため、できるだけ無添加の項目が多い基礎化粧品や、オーガニック原料から作られているものが良いでしょう。

 

また化粧品会社の独自処方により、低刺激を売りにしている基礎化粧品を選ぶことも好ましいです。

30代の脂性肌(オイリー肌)の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

脂性肌の人はさっぱりタイプの基礎化粧品を選ぶ人が多いと思います。

 

また、10代、20代の頃からずっと思春期ニキビケア用のさっぱり化粧品を使い続けている30代も少なくありません。

 

しかしながら、30代のオイリー肌の場合は外側はオイリーでも肌細胞内は乾燥しているインナードライ肌の人は非常に多いです。

 

肌細胞が乾燥しているので余計に皮脂分泌が過剰になる悪循環に陥る人も多いため、まずは肌細胞をしっかりと保湿するような基礎化粧品を使うことが大切です。

 

そのため、オイリー肌であってもセラミドやヒアルロン酸が配合されている肌の乾燥を防ぐ基礎化粧品を選ぶことが大切で、脂を除去するために洗顔をしすぎることは絶対にNGです。

30代の混合肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

頬は乾燥しているのにおでこやあごは脂でテカテカする混合肌に悩まされている30代は非常に多いものです。

 

30代になると妊娠・出産や日々のストレスによりホルモンバランスが乱れがちになり、また肌細胞の水分量が10代、20代に比べて減少するためお肌のモイスチャーバランスが乱れがちになります。

 

混合肌は肌の部分乾燥です。

 

乾燥している部分を潤すために自律神経が皮脂を分泌しますが、乾燥以外の部分はそれによりオイリーになってしまうのです。

 

また、おでこやあごなどの皮脂が多い部分も内側は乾燥しているインナードライになっていることが多いため、基礎化粧品で肌細胞をしっかり保湿することが大切です。

 

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿性の高い基礎化粧品を使うのがオススメです。

更新履歴